いくらかかるの?土地、建物以外にかかる諸費用

家を建てる時は土地と建物の他にかかる費用がある

家を建てたい!そう思い立って
情報を調べて、建物が2000万円で土地が1000万円だから合計3000万円で家が建つな・・・

いえ、そのほかに諸費用が発生します。

諸費用とは?

諸費用とは、建物を建てる際に発生する、土地・建物以外の費用になります。

大きく分けて3つ
・申請関係費用
・不動産関係費用
・金融機関費用

になります。

申請関係費用

家を建てる際に必ず発生する費用に「建築確認申請費用」があります。

・建築確認申請料

建物を建築する際には、計画を役所に提出して許可を得なければいけません。
その際に申請料が発生します。
また、工事期間中に検査を受けなければいけないので、検査手数料が発生します。

歩道を通らないと敷地に入れない、農地に家を建てたい場合など、建築地によってその他の申請費が発生する場合がありますのでご注意ください。

不動産関係費用

・不動産登記費用(土地・建物)
・仲介手数料(土地購入の場合)

などが主に発生する費用になります。

不動産登記は一般的に司法書士に依頼して行ってもらいます。

金融機関費用

家を建てる際に金融機関から住宅ローンを受ける場合は以下の費用が発生します。

・事務手数料
・銀行保証料
・抵当権設定料
・火災保険費用

住宅ローンを受ける際、火災保険は必須になります。
現金の場合は任意になりますが、加入することをお勧めします。

実際いくらなのか?

それでは実際いくら費用が必要なのか下記の条件の場合で算出してみましょう。

建物2000万円
土地1000万円
融資金額3000万円の場合

・建築確認申請手数料 約10万円
・不動産登記費用 約30万円
・土地仲介手数料 約40万円
・事務手数料 約3万円
・抵当権設定料 約20万円
・銀行保証料 約60万円
・火災保険 約20万円
・水道加入金 約10万円

合計193万円となります。

つまり、建築総費用は3,000万円ではなく、3,193万円になります。

注意点

今回の例は一般的な例となり、建築予定地、融資条件、金融機関などによって変わります。

家を建てる際は

建物+土地+諸費用

になります。

これは建売住宅やマンションでも同じです。

諸費用の分を考えていなかった・・・という事にならないためにも、しっかりとした資金計画を行うことが重要です。

お気軽にお問い合わせ・資料請求してください 資料請求フォームへ

平日8:00~18:00はお電話でのお問い合わせも承っております。

0224-83-6036

※電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

« »