仙南の家|BELS全棟標準【燃費性能?BELSって何?】

BELSベルス評価書

BELSって何?

誰もが住宅を新築する際、購入する際に、夏は涼しくて、冬は暖かい家がいいな~と思うはずです。仙台市、仙南エリアに住まいの方はなおさらです。

しかし、断熱性能・気密性能を表す値『UA値』『Q値』『C値』といった性能値は素人が見ても、その値がいいのか悪いのか全くわかりません。

営業
『当社で建てる家は断熱性能UA値0.5、気密性能C値0.1の高気密高断熱なので、冬は暖かく、夏は涼しいです』

お客様
『そうなんですね。すごいですね・・・』
(何言ってるのかさっぱりだし、そもそも数値言われてもピンとこないし)

そこで、住宅の省エネ性能を第三者機関が、5段階の☆の数によって見える化したのが『BELS(ベルス)』になります。国のお墨付きが与えられる省エネ性能表示制度になります。

もちろん断熱性能をあげないと省エネにならないので、その家の性能の目安になります。

省エネな家とは?

簡潔にいうと、断熱性能がよく、省エネな設備を用いて造った家になります。

断熱性能をよくすると・・・

・電気代が安くなる。
例えば、冬にエアコンを利用すると温まりやすく、冷めにくくなり、電気代がお得になります。もちろん夏も同じことが言えます。

・健康になる。
建物内の各部屋の温度差が無くなるため、ヒートショックが起きにくくなります。

断熱性能の説明については、『暖かい家を作るには#01断熱編その1』をご覧下さい。

そして、照明器具、エアコン、給湯器等が省エネ機器であることが必要です。

・照明器具はLEDを使用する
・エアコンは最新の省エネ機器
・給湯器はエコキュート、エネファーム等を使用する

等々となっています。

星の数の意味

☆の数によってその住宅がどのくらい省エネなのか判断でき、☆の数が多ければ省エネになります。

自動車の後ろに貼ってあるエコカーシールや、ミシュランのように『☆が多ければ多いほどよい』というようにシンプルでわかりやすくなっています。

☆=旧省エネ基準
☆☆=省エネ基準(省エネな家)
(2020年時点での省エネ基準)
☆☆☆=☆☆よりも10%省エネ
☆☆☆☆=☆☆よりも15%省エネ
☆☆☆☆☆=☆☆よりも20%以上省エネな家

(※住宅の場合に限る)

簡単に言うと、☆☆の家で光熱費が年間36万円の場合、☆☆☆☆☆の家では年間28.8万円となり、7.2万円安くなる考えです。30年住んだら216万円の節約になるというわけですね。

となると、これからの住宅の選び方は、
『こっちの方が100万円高いけど、☆☆☆☆☆だからランニングコストを考えるとお得よね』
という選び方もできるでしょう。

☆5の住宅に発電装置(太陽光発電等)を加えて作るエネルギーと使うエネルギーの差が正味ゼロになると、ZEH(Zero Energy House)になります。

これが『ゼロエネ住宅』や『ゼロエネハウス』『ゼッチ』等と言われています。
評価書に下の画像のマークが追加されます。
ZEHマーク

まとめ

・☆の数で省エネ性能レベルがわかる。
⇒建築、購入の判断材料になります。
・普及すればCO2削減につながる
・新築だけでなく既存住宅(リフォーム)も申請できる。

ワタケンの注文住宅 仙南の家 では省エネ住宅性能評価『BELS』を全棟実施し、☆5【☆☆☆☆☆】の省エネ住宅を標準としています。

断熱性能に関しては下の記事も併せてご覧ください。

・暖かい家を作るには#01断熱編その1

・暖かい家を作るには#02断熱編その2

・暖かい家を作るには#03気密編

・暖かい家を作るには#04窓編

画像引用:一般社団法人 住宅性能評価・表示協会 より

お気軽にお問い合わせ・資料請求してください 資料請求フォームへ

平日8:00~18:00はお電話でのお問い合わせも承っております。

0224-83-6036

※電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

« »