窓のリフォームで補助金制度2024.ver

補助金の活用

暑くて寒い室内
脱衣所やお風呂場でのヒートショックなどが心配
光熱費を少しでも抑えたい
外の音が気になる

このような悩みのある方補助金を使い対策することができます。

資料請求フォームへ

リノベで省エネ化

先進的窓リノベ2024事業」という国の補助金制度があります。「住宅省エネ2024キャンペーン」の事業の一つです。

既存住宅に省エネ効果の高い断熱窓を使うことで補助金がもらえる制度です。
断熱窓への改修を促進し既存住宅の省エネ化を促すことで、エネルギー費用負担の軽減、健康で快適なくらしとともにCO2排出削減に貢献しましょうというものです。

窓の断熱リフォームを考えている方、補助金がもらえるならこの機会に見直したいという方も多いと思います。

窓は熱の出入りが最も多い場所です。夏は暑く、冬は寒い家では快適な空間とはいえません。窓の断熱性を良くすることで窓からの熱損失が少なり、省エネ性の向上により光熱費削減にもつながります。

ドア工事も追加対象

昨年大人気で申し込みが殺到した制度になりますが、今回から追加でドアも対象となりました。注意点として、対象の窓リフォームと同一契約内に限りとなります。
玄関ドアは窓と同時に断熱改修をする場合は補助対象となりますが、ドアの取替だけでは補助対象外となります。

えらべる窓

窓のリフォームには3つの方法があります。

・窓ガラスを変える
 ↳複層ガラス
 ↳Low-Eガラス
 既存窓を利用してガラスを交換する工事

・二重窓(二重サッシ)にする
 ↳既存の窓の室内側に新たな窓を設置する工事

・外窓の交換
 ↳樹脂サッシ
 既存窓を残して新たな窓で覆う工事(カバー工法)
 サッシ周辺の外壁などの一部を外し既存窓を取り除き、新たな窓に交換する工事(はつり工法)

メリット

・断熱効果
・防音効果
・省エネ効果
・結露防止

デメリット

内窓を設置することで

・窓の開け閉めが大変
・掃除がしにくい
・設置箇所に制約がある
・既存のカーテンやロールスクリーンが使えなくなることがある

設置するにあたり取付可能な寸法が確保できない場合には、追加で枠を広げる工事が必要になることもあります。

補助金額

では、いったいどのくらいの金額が補助されるのか。

1戸あたり5万円から最大200万円までとなっており、設置する窓の性能と大きさによって金額が変わります。1申請あたり合計補助額が5万円未満の場合は申請できません。

期間

申請期間は以下の通りとなります。

◎工事実施期間:2023年11月2日~2024年12月31日(工事完了)
◎交付申請期間:2024年3月29日~2024年12月31日まで

予算が上限に達し次第終了となります。

リビング

お早めの行動を

補助金申請は工事をした会社が代理申請するため、補助金をもらうためには「登録事業者」でなければ申請できません。

昨年内窓リフォーム工事が人気で納期にも影響し遅れが発生してました。補助金は申請すれば必ずもらえるというわけではありません。予算がなくなり次第終了となります。
秋から冬にかけて肌寒くなってくるとリフォームを考える人が増え、補助金の需要が増えることが予想されます。
リフォームを考えの方はぜひお早めにご検討ください。

暖かい家を作るには#03気密編
暖かい家を作るには#04窓編

平日8:00~18:00はお電話でのお問い合わせも承っております。

0224-83-6036

※電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

« »