外観

出会いから_注文住宅 大河原町 #002

きっかけ

お客さんとの出会いはいつも行く美容師さんからの紹介でした。

“知り合いが家買おうとしてるんだけど、渡建さんどうなの?”
“んじゃ、その人会社に行かせるね!!”

たった数分の間に交わされた会話。
たわいもない話から膨らんだ話でしたが、数日後奥さんが私たちのもとを訪れてくれました。
この時アパート暮らしで、建売住宅を探してる真っ只中でした。

建売住宅と注文住宅

35坪程の広々とした平屋の注文住宅に住むのは小さなお子さんと夫婦の3人家族。

建売住宅を探していた家族が、なぜ注文住宅になったのか。

私たちは建売住宅を建てていません。
そのため、当初はcasa cubeを気に入り企画住宅で打合せをはじめました。
しかし、どんどん話を進めていくうちに本当はこういう風にしたいのに、こういう家に住みたいという施主の想いが溢れてきたのです。
決められた間取り、作られたイメージで出来上がった建売住宅から自由自在の注文住宅へと切り替えた瞬間でした。

譲れない間取り

洗面室と脱衣室の独立型に。また、水廻りを一ヶ所にまとめることでスムーズに家事ができるようにしました。
間取りを考えるうえで一番重要視したことです。
奥さんのこだわり家事動線をどのようにするか、話し合いを何度も重ね洗濯・掃除・収納についてじっくり話し合いました。
日用品の収納を一ヶ所に集めたおかげで、片付けをする奥さんにいちいち聞かなくても必要なものを探せるようになっています。

“旦那、探し物あるととりあえずあそこ自分で探してくれるから作って正解でした!!”
メンテナンスに伺った際に笑顔で教えてくれました。

家事動線を優先した間取りより時短につながり、家族とのコミュニケーションの時間をより一層育むことができているようです。

選ばれたフローリング

全室統一されたフローリングは、会社にあるカタログやサンプルを何度も確認して選ばれたこだわりの床材。

カフェのような明るいイメージで木目は欲しい!!
グレーっぽい色が入ってないもの!!
無垢材のような床材

そして出会ったのが、イクタコーポレーションのプリオスJapanです。
ショールームにも通い毎日毎日悩んでいました。

シンプルですっきりしている家は、お子さんがのびのびと元気に走り回っています。
すっきりナチュラルな飽きのこない家になりました。

どのような家で、どのような機能性なのか?
注文住宅レポート#002「回遊動線で家事をスムーズに。光と風が通り抜ける平屋の家」もご覧ください。

お気軽にお問い合わせ・資料請求してください 資料請求フォームへ

平日8:00~18:00はお電話でのお問い合わせも承っております。

0224-83-6036

※電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

« »