小上り畳

出会いから_注文住宅 仙台市 #003

家づくりが始まるまで

子どもの学校や年齢も考えそろそろ住宅を購入したいと思い始め、家について相談を受けました。
当時はアパート暮らしで、30代半ばの夫婦と小学生低学年のお子さんを持つ家族。

土地探しからスタートです。
共働きということもあり、お互いの通勤のことや実家に近いところなど考えながら土地探しが始まりました。
探してる場所は、仙台市の新興住宅地周辺で人気エリアとなっています。
新興住宅は、ハウスメーカーが土地を抑えてしまっていたり、金額や土地の大きさなど中々思うような土地が見つかりませんでした。

『もっといいところ!!』
『他にも良い土地があるかもしれない!!』と、思うかもしれません。
しかし、人気の場所はすぐに誰かの手に渡ってしまいます。
この土地も施主の買い付け後すぐに他の方が買い付けを申し込んだ状況でした。

住宅関連会社に勤めるため家に関してプロである旦那さん。
失敗談を含め色んな話を聞いて学んでいるため、すぐに買い付け証明書を出し契約に至りました。
土地が決まったのは、家づくりの相談を受けてから約1年後のことでした。

和のエッセンス

LDKに存在感のある構える大黒柱が構えるLDK。
使いたいものがあるんだ!!っと案内されたとある木材会社の資材置き場。
存在感のある8寸角の柱。
どこに使うか考えながら間取りを考え始めました。
また、現しの梁を取り入れたり自然素材をうまく調和させ、モダンテイストでありながら和の要素を取り入れた住まいとなっています。

見せる収納、隠す収納

物は見えないとこに隠して収納!!とのことで、大容量の収納が設けられています。

・キッチン横のパントリー
・小上り畳の下の収納
・屋根裏収納

4帖程のパントリーへは、玄関から直接行けるようになっており、リビングを通りぬける煩わしさもなく重い荷物も持って移動できるようになってます。
隣接するキッチンの背面には、大きな収納棚もあり物が溢れず使いやすくなってます。

リビング続きの小上り畳の下には、大きな物も楽に収納ができる引出がついています。
寝室も同様に小上り畳になっており、季節ものの布団などを収納しておくのに十分な大きさとなっています。
可能な限りの大きさの収納を求め、最大奥行約2mの長さとなっています。

実際生活してみると
“そこまで収納するものが少なくここまで大きくなくてもよかったかもしれない。
また、奥行きがあるため一番奥の物を出すときは大がかりになるね。
ハンモックなど長いものを収納したい場合、長さを気にせずポイポイっと収納できるので便利ですよ!!”っとのこと。

おもちゃやハンモックなどは畳下収納。
季節ものやあまり使わないものは、屋根裏収納。
使用頻度に合わせて収納場所を使い分けてるようです。

何気ない事

シェイドカーテンの下には、レールのレースカーテンがついています。
窓を開けるとカーテンが風にあおられ、カーテンの重りが壁や窓枠に当りカタカタと音を立てます。
日中周りを気にせず窓を開け、家の中に風を通したい奥さまのこだわりポイントです。
お家訪問した際、“これいいですよ!!”と教えてくれました。

レールカーテンと違い、シェイドやロールカーテンは完全開放できるのでスッキリ見え小窓などによく使われます。
何気ないことかもしれないですが、毎日のこと。
デメリットも理解し、特徴を生かしライフスタイルへ取り込まれていました。

素材から生まれた形

厳選された素材で建てられた住宅は、和の風合いを演出し洗練されたモダンなテイストとなりました。

どのような家で、どのような機能性なのか?
注文住宅レポート#003「こだわりの建材で建てる質実剛健なモダンハウス」もご覧ください。

次回は、注文住宅レポート#004「美しさと合理性、省エネ性を併せ持つのびやかに暮らせる平屋」を紹介したいと思います。

お気軽にお問い合わせ・資料請求してください 資料請求フォームへ

平日8:00~18:00はお電話でのお問い合わせも承っております。

0224-83-6036

※電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

« »